ランディングページ使っていますか??

ランディングページ使っていますか?

皆さんはランディングページは使用していますか?

略してLPと言われるものですね。

ランディングページは今やネット集客で欠かすことのできないものです。

ホームページを作ったから満足。毎日ブログを更新しているから大丈夫。

お客様がホームページを見て、すぐ商品を購入してくれると思いますか??

何のメリットも分からないまま購入する方は、ほぼいないと思います。

商品を購入してもらうには、ランディングページは欠かせません。

そもそもランディングページとは?

簡単に言ってしまうと、1ページで商品やサービスを説明し、購入へと促すページのことです。

お申込みボタン以外にリンクを設定することがほぼないので、そのランディングページに訪れた方は、他のサイトに飛ぶ可能性が低く、長時間留まってくれます。

ランディングページを集めたサイトがありますので、参考に見てみてください。

ランディングページ集めました

ランディングページを作るにはどうしたらいいの?

早速ランディングページを作ろうと思った。でもどうすればいいのか分からない。

まず、思いつくのが制作会社に頼むということでしょう。制作会社に頼むと、費用は安くて大体10万円~だと思います。

ただ、制作会社も沢山ありますし、選ぶのも大変ですよね。

そして何より、ホームページを作るのにもお金がかかったのに、またお金がかかるのか・・・という経費の悩み。

最初は、なるべくお金をかけずに、まずは無料で作成できるものを使用してみるのがお勧めです。

無料で作成できる代表的なものにペライチがあります。

https://peraichi.com/

こちらはフォーマットがあり、画像をアップロードして選択して入れていくという感覚的に扱いやすいものなので、普段ブログを書いている方でしたら、そんなに難しくはないと思います。

作業に取り掛かる前にやるべきこと

では、ペライチでランディングページを作ってみることになったとします。

早速登録してさっさと作って、お客様を集めたい!そう思うかもしれませんが、ちょっと待ってください!

内容を考えないまま進めても無駄になってしまいます・・・

まずは構成を考えないといけません。

どのターゲットに向けて何を売りたいのかをきちんと決め、中身の構成を考えてから始めないと、お客様の心に響きません。

ターゲットと商品の設定は、作業する前にきちんと決めましょう。

構成の考え方

ランディングページは、基本的に構成の考え方が決まっています。

上からご説明します。

1.まずは、キャッチコピーと画像でお客様の興味を惹きつけます。

ここの部分でお客様を惹きつける必要があるので、画像とキャッチコピーはターゲットに響くものを考えるようにしましょう。

2.そして次の問題提起で「あなたは~で悩んでいませんか?」「〜でお困りではありませんか?」のような、お客様が悩んでいる内容で問題提起をします。

3.続けてその悩みを解決するには、こんな商品があります!と商品の説明をします。

4.さらにこの商品を買うと、こんないいことがありますよとベネフィットを提示します。

ベネフィットは重要な要素なので、いくつか書くようにしましょう。

5.そしてお客様の声とあなたの実績やプロフィールを記載します。

6.最後にお申し込みボタンやフォームの設置をします。

大まかな構成はこんな感じですが、商品によって変えた方がいいですし、ペライチでは職種別のフォーマットもあるので、参考にしてみてください。

まとめ

いざ作ろうとなると、すぐに作業に取り掛かってしまいがちですが、まずは「お客様が何に悩んで(困って)いてこの商品を購入することによってどんなことが得られるのか」ということをきちんと考えてから、ランディングページ作りに進んでください。

関連記事

  1. キャッチコピーを作るときのポイント

  2. SEO対策とは?

  3. Googleマイビジネスを活用しよう〜登録方法〜

  4. インスタグラムでビジネスアカウントを使うメリット

  5. 【脱!プチ起業】WordPessサイトをおすすめする理由

  6. SEOに強いブログの書き方のコツ