集客したい!でもどのツールを使ったらいいの?

Webを使えば、お金をかけなくてもビジネスを始めることが出来る。
そう言われて、起業してみたものの・・・
集客ツールがたくさんありすぎて、どれから手をつければいいのか分からない!

あの人はFacebookですよって言ってたのに、この人はInstagramがいいって言ってる。
また違う人に相談したら、アメブロから始めてくださいって言われた。
でもネットで検索すると、アメブロは集客できない!Wordpressです!って書いてある。
もう何がいいのか分からなーい!!となり、全部始めてみたものの、中途半端になってしまい、集客が全然できない。
こんな風になってしまう可能性があります。

まずは、Webで集客を始めるにあたって、基本的な流れを理解しておく必要があります。
購買サイクルについてはこちらで説明していますが、

今回はもっと大まかな流れを説明いたします。

Web集客の基本的な流れ

認知興味・信頼販売・購入

まずは、認知してもらい、興味を持ってもらう。
興味を持ってくれた人と、信頼関係を築き、商品の良さを知ってもらう。
そして購入してもらう。
という流れになります。
では「どんなツールを使った方がいいのか」ということも含めて、1つずつ説明していきますね。

認知

まずは、自分のことを知ってもらわなければ、何かを販売したくても売れるわけありませんよね。
認知に有効的なのは、SNSです。
Facebook、Instagram、Twitterなどを使って色んな人に知ってもらいましょう。
この時に、自分は何の専門家で他と何が違うのか、アピールすることが必要です。

興味・信頼

SNSでみんなに知ってもらい、興味を持ってくれた人にメルマガLINE@に登録してもらいましょう。
定期的にメルマガを送ったり、LINEでコミュニケーションを取ることで、信頼関係が生まれます。
信頼関係が生まれると、お客様はあなたの商品の良さを感じ、購入を検討します。

販売・購入

信頼関係を築くことができると、お客様は購入へのステップへと進みます。
まだ、商品の購入を検討している段階なので、ランディングページなどを活用して、さらに商品の良さをアピールし、購入してもらうようにしましょう。

このように、Webでの集客には段階があります。
Facebook、Instagramだけをやれば、お客様が商品を購入してくれて、売上があがるということにはならないのです。

そして、もう1点「オウンドメディアを作る」ということを忘れてはいけません。

オウンドメディアの必要性

SNSは自分のビジネスを認知させるには、有効的ですが、自分のものではありません。
LINE、Facebook、Instagramは運営している会社があります。
結局は自分の資産にはならないので、オウンドメディアは持つ必要があります。
オウンドメディアについてはこちらの記事で説明しています。

最終的には、オウンドメディアであるホームページ(WordPress)をメインに運用し、SNSはホームページへ呼び込むためのツールとして使うようにするべきです。

ホームページは、初心者でも簡単に更新ができるWordPressで作成することをオススメします。
SEO設定をすれば、検索結果の上位に表示させることもできます。
SNSだけで運営している人は、最初はいいですが、ずっと運営し続けるのは難しいです。
だから、途中でやめてしまう人が多いのです。
オウンドメディアであるホームページ(WordPress)で集客の基盤が作れるよう、早めにサイト制作に取り組むことをオススメします。

まとめ

Web集客の基本的な流れをもとに、どのツールを使うといいのかについてお話しました。
また、オウンドメディアの必要性についても触れましたので、参考にしてみてください。

関連記事

  1. ランディングページ使っていますか??

  2. インスタグラムでビジネスアカウントを使うメリット

  3. Webサイトを分析して改善することの重要性

  4. キャッチコピーを作るときのポイント

  5. Googleアカウントの設定の方法をご紹介

  6. 購買のサイクルを知っておこう