WordPressの管理画面を解説

先日、知り合いの方から「WordPressの管理画面の使い方が分からない」とのご意見がありましたので、今回はWordPressの管理画面でよく使う機能についてご説明したいと思います。

今回は特によく使う項目の

  • 投稿ページ
  • 固定ページ
  • ウィジェット

についてご説明します。

投稿ページ

投稿ページはブログを書いている方は一番使う項目です。
ブログを書くときは投稿ページを選択して、新規投稿から記事を書いていきます。

SEOを考えた「投稿ページ」を積み重ねることで、 サイトに厚みを持たせることができます。
過去に書いた投稿ページからもアクセスが集まるため、アクセスを安定させることが可能です!

カテゴリータグで記事を分けることもできるので、ユーザーが探している内容をいち早く届けることもできます。

しかし、日付が出ますので、投稿を続けないと、サイトが止まっているのではないかとユーザーに思われてしまいます。

また、ブログの記事が増えてくると、どんな記事を書いたのか忘れてしまい、同じ内容の記事を書いてしまうこともあります。どんな記事を書いたか把握し、全く読まれていない記事は消すなどして、整理することも必要になります。

見出しタグを使う

投稿ページからブログを書くときは、見出しタグを使うのを忘れないようにしましょう。
見出しタグはh1~h6までありますが、テーマ側であらかじめ設定されていることが多いので、確認してみてください。
また、見出しタグを使うときは、順番を守る必要があります。
h1の次はh2をその次はh3をというように、若い番号から順番に使用するようにしましょう。

アイキャッチ画像を設定する

投稿ページにはアイキャッチ画像の設定ができるようになっています。
ユーザーに分かりやすくするためにも、アイキャッチ画像は設定するようにしましょう。

固定ページ

固定ページは、グローバルメニューに載せるような

・プロフィール
・サービス内容
・実績
・お問い合わせ

など、固定されている内容を書きます。
投稿ページのように日々更新する内容は、固定ページには書きません。

まず、WordPressを始めたら、固定ページにプロフィールやサービス内容など、決まっている内容を書きましょう。

ウィジェット

パソコン用語に詳しくない方は、ウィジェット?何のこと?と思われるかもしれません。
スマホでもウィジェットを設置できる機能がありますが、呼び方を知らないだけで、普段から使用しているかもしれませんよ。

WordPressのウィジェット機能はサイドバーの設置などに使います。

サイドバーに何を表示させたいか考え、ウィジェットの機能を使って配置します。

・メルマガへの登録用バナー
・おすすめの記事の紹介
・SNSとの連携

など色々設置できるので、試してみましょう。
サイドバーは記事を読みに来た人に見てもらえるので、見てもらいたい情報を載せて置くのがいいでしょう。

まとめ

WordPressの管理画面でよく使う項目をご説明しました。
投稿ページ、固定ページ、ウィジェットにはそれぞれ役割があります。

役割を知っておけば、例えば、メニューを増やしたいときは、固定ページに書く
バナーを設置したいときはウィジェット機能を使うなど
迷うことはないと思いますので、それぞれの役割をしっかりと把握しておいてください。

 

関連記事

  1. WordPress初心者向け【テーマの選ぶ時のポイント】

  2. ブログにアップする画像はサイズを小さくして!

  3. みんながWordPressでブログをやる理由

  4. はじめてWordPressを使うにはどうすればいいの?

  5. なぜWordPressを使った方がいいの?

  6. 【脱!プチ起業】WordPessサイトをおすすめする理由