広告をこれから出したい方へ!ネット広告の種類をご紹介

・なかなか売上があがらない
・集客ができない

事業を進めているとそんな悩みが増えてくるのではないでしょうか。
広告運用に回せる資金があるのであれば、広告運用を考えてみるといいでしょう。

まず個人で広告を運用するならば、インターネット広告から始めてみましょう。
インターネット広告とは、Webサイトや検索エンジンを活用した広告です。
Webサイト上に表示するディスプレイ広告アフィリエイト広告、検索エンジンの検索結果に表示するリスティング広告、FacebookやInstagramに表示されるSNS広告などがあります。

では、主なインターネット広告の種類についてご説明します。

インターネット広告の種類

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webサイトやスマホアプリなどの広告枠に掲載される広告です。
例えば、Yahoo!のトップページにはいくつか広告が表示されていますね。
これがディスプレイ広告になります。
Googleが提供している「GDN(Googleディスプレイネットワーク)」と、Yahoo!JAPANが提供している「YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)」などがあります。
幅広いユーザーに見てもらうことはできますが、初心者が始めるにはコストが高いのが難点です。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、成果報酬型広告と呼ばれるもので、商品やサービスについてブログやWebサイト、メールマガジンなどで紹介し、そこにリンクを貼り、ユーザーにリンクをクリックしてもらうことによって、商品やサービスの購入を促す手法のことです。
広告がクリックされただけでは広告費は発生せず、広告をクリックしたユーザーが購入や資料請求などをした場合に広告費が発生します。

リスティング広告

リスティング広告とは、大手検索エンジンであるGoogleとYahoo!JAPANが提供している、検索結果に連動して表示される広告のことです。
Googleが提供している「Google Adwords」と、Yahoo!JAPANが提供している「Yahoo!プロモーション広告」があります。
ユーザーが検索したキーワードに連動した広告が表示されるため、ターゲットとなるユーザーにアプローチすることが可能です。

SNS広告

Facebookやtwitter、InstagramなどのSNSを使用している方は、広告を目にしたことがあるのではないでしょうか。
Facebookやtwitter、Instagramのタイムライン上などに広告を出すことができます。
Facebook広告などは、少額から広告を出すことができるので、初心者でも取り掛かりやすいので是非試してみてください。

Facebook広告についての記事はこちらでも説明していますので、参考にしてみてください。

動画広告

動画広告とは、その名の通り動画を使った広告のことです。
動画はユーザーの印象に残りやすいので、商品やサービスの認知・ブランディングのために、利用する会社が増えてきています。
以前はYouTubeのような動画サイト上で広告が配信されるものが多かったのですが、最近ではWebサイトに掲載されることも増えて、ますます需要が拡大しそうな広告手法です。

まとめ

インターネット広告について主に使われているものを、ざっくりですがご説明しました。
広告は始めるのにハードルが高い気がしますが、自分のサービスを認知させるためにも広告を上手に利用していくといいでしょう。
広告を運用する際は、検証→改善を繰り替えすことも必要になりますので、しっかりと結果を集計して見直しながら運用するようにしましょう。

関連記事

  1. 【アフェリエイターから学ぶ】ブログのキーワードの決め方

  2. キャッチコピーを作るときのポイント

  3. Googleマイビジネスを活用しよう〜登録方法〜

  4. Webサイトを分析して改善することの重要性

  5. 動画で伝えよう【YouTubeを使うメリット】

  6. Googleアカウントの設定の方法をご紹介